アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

代謝エンジン

熱や水分、あるいは重量といった物理的な側面から生命を眺めてみると、

やはりヒトも動物の一員なんやなぁ、と再認識させられます。

 

また、誰かの考えたアイデアを自分のフィールドに引き込んで

新たなアイデアが生まれる、という経験は楽しいものです。

 

そんな読書。

ゾウの耳はなぜ大きい?―「代謝エンジン」で読み解く生命の秩序と多様性

ゾウの耳はなぜ大きい?―「代謝エンジン」で読み解く生命の秩序と多様性

 

 

本書の著者クリス・レイヴァースさんは「滅びの時間は近いぜよ!」と叫んでみせるショーバイの人ではありませんが、最終章にて警告を発しています。

 

ただ思うのですが、地球規模で何かが起こったとき、あるいは何かが起こることが分かったとき、人類にできることってそれほどないんじゃなかろうかと思います。

 

アルマゲドン [Blu-ray]

アルマゲドン [Blu-ray]

 

 

それでも、この男なら・・・。泣いた。

広告を非表示にする