アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

歳を重ねるにつれ短くなる睡眠時間

以前の記事(『眠気有り・・・』)に書いた通り、軽い不眠症とともに生きている

僕ですが、もう一つ持病(?)があります。

 

徐脈です。

 

【徐脈】

“心拍数が減少した状態で、通常毎分60以下を指す。正常者でも就寝中に

認められ、また老人やスポーツ選手は徐脈傾向を示す。(以下略)”

(医学書院 医学大辞典)

 

健康診断を受けると大抵

「ちょっと心拍数少ないけど、まぁそんな心配いらへんわ」

という結果が返されてきます。

 

今まであまり気にして来なかったのですが、ふと、

就寝中ある程度以下にまで心拍数が減少すると、反射的に覚醒スイッチが入るのではなかろうか?

と思いました。

 

もともと少ない心拍数が就寝中は更に減少するため、アカンところまで行く前に

ストップをかけてくれる警報装置が装備されているんじゃないか。

 

てことは、もし警報が鳴らないか気付かなければ・・・デスね。

 

睡眠時間が短いと感じているスポーツ選手あるいはマラソン愛好家の方、

または歳取ってから朝早ように起きちゃうぞっていうあなた、

ご意見・ご感想をお待ちしております。