読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

アンジャッシュの快企画『ホメ渡部』を褒め倒す本が面白いので初心者アフィリエイターへの応用を考えたい

本・映画


アンジャッシュ 職員室 - YouTube

 

お笑い好きならだれもが認めるアンジャッシュのコント。アンジャッシュは面白い。間違いない。

 

ホメ渡部、というテレビ企画

テレビ朝日「お願い!ランキング」という番組内企画『ホメ渡部』(企画自体は既に終了)。株式会社べたぼめカンパニーのホメ渡部(上司)と児島(部下)が企業に出向き、その商品を褒め倒すという企画です。

 

もちろん誰にもできることじゃなくってアンジャッシュ・渡部の個人的資質に大きく依存する企画だったわけですが、一般人、特にブログでの収益を目指すアフィリエイターにとってもこれ、超有用です。

 

その手法を応用すれば、確実に売り上げが上がるはずだからです。

 

 

「ホメる技術」は今、ビジネス界、最大のスキル!

 

いやまさに本当にそうで、アフィリエイト・ビジネス界でも利用しない手はない。

 

テレビ通販の雄、「ジャパネットたかた」を真似る手法がもてはやされていますが、これも似たようなもの。知名度的にはジャパネットたかたに軍配が上がるのだろうか…?いやアンジャッシュ好き、お笑い好きのアフィリエイターも多いと思いますので、ご参考まで。

 

堂々とホメよ

アフィリエイターにとって商品やサービスを紹介する目的は純粋なカネ稼ぎ…ではなくって(少なくとも、そうではなくなってきていて)、その商品やサービスを手に取ることで、その人の人生が豊かになることを示すことにあります。

 

昔から、モノを扱う商売人が心掛けていたことかもしれません。

 

人生が豊かになる可能性を示すのに、卑屈になったり弱気になったりする必要はなくって、堂々と、お金を出して買ってもらいたいという下心があっても隠すことなく、その商品をホメておけばいいのだし、まさにその事が購入者にとっての商品の価値を保障・底上げすることにもつながるはず。

 

イジリつつ、ほめよ

素人が実生活で採り入れた場合、十中八九周囲のヒンシュクを買う「イジリ」。ですが、時間を掛けてスクリプト(文章)を練ることのできる、また修正することのできるブログの場合には、成功確率を高めることが可能です。

 

上記の本で示されたホメ渡部のホメ話術。マジでコレ、文章なのに脳内再生余裕で声あげて笑いました。

 

商品やサービスをホメるという内容で読んだ人を笑わせることができれば、それ買っちゃうと思いません???

 

実際、上手なアフィリエイターさんがつくる巧妙なアフィサイト(企業のサイト等でも)において、登場人物2人の掛け合いで読ませるイジリいじられ振り振られの内容を目にすることがあります。

 

イジリに重要なのは、愛を込めることです。愛情の込め方は、ホメ渡部が教えてくれます。

 

数値で示せ、その凄さ

例えば何らかの健康食品をホメるとき、成分配合量の多さを強調して「レモン30個分のビタミンC配合!」とか言う使い古された表現がありますわいね。

 

広島県尾道市瀬戸田町産 / 防腐剤・防かび剤不使用 / ご家庭用 わけあり(規格外品)/ レモン 3kg

 

このレモン、なんとレモン1個分ものビタミンCが含まれているんです!

 

こんな感じで、虚をつくと面白いんですよ。

 

『「ホメる技術」7』という上記の本もね、高々1,500円程度の本です。

 

レモン10個分の値段でこの情報密度!煮てよし焼いてよし、買ってよし!

 

誰も言ったことが無い表現でホメる技術を身に付ければ、怖いものはありません。みんな似たようなサイト作っちゃうので、差別化要因は多く保持しておいた方が良いですよ。

 

ホメ渡部の「ホメる技術」7 ― 仕事・恋愛・人生を成功させる

 

騙されたと思って、いっぺん読んでみ?