アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

インスタントコーヒーに店舗間の細かい価格差はあるけれど、高級茶の強気路線には敵わない

 

ネスカフェ ゴールドブレンド 135g

上の写真の『ネスカフェゴールドブレンド』コーヒーが切れたので買おうと思って近所のスーパーに寄って見たら

 

900円台。

 

税込、1,000円オーバー

 

え、新春値上市?と思いつつ、疑いが払拭し切れなかったので別のお店へ。

 

税込、800円くらい。即買い。

 

詰替えパックとの価格差?

下の記事を書いた後に実店舗とウェブショップの価格差について「コンサル・フィーは織り込み済み」なのかな?と考え直していたところ。

 

bukki.hatenablog.com

 

実店舗間でもこれだけの差があると説明がつかない。ちなみに『ネスカフェゴールドブレンド』はAmazon価格で送料込々、1,186円。

 

うーむ、と一瞬首をひねって、詰替えパックとの、少量入り商品との価格差政策かなぁ?あたりで考察終了。

 

色々あるんですよね。

 

ネスカフェ ゴールドブレンド 90g

ネスカフェ ゴールドブレンド 90g

 

 

90グラム、ビン入り。

 

 

110グラム、エコパック入り。

 

 

ネスカフェ ゴールドブレンド 135g

ネスカフェ ゴールドブレンド 135g

 

 

で、当のビン入り、135グラム。

 

 

近所のスーパーにはなかったけれど、スティック包装のものもアマゾンでは扱ってたり。1,124円なり(2016.1.6 現在)。

 

店舗内での価格政策的には、売りたいものが安く見えるように敢えての強気設定もあり得るなと。

 

インスタントコーヒーの選び方

インスタントコーヒーにもこだわろうと思えば拘れる部分はいっぱいあって、大入りだと最後の方で香りが飛んじゃってるとか湿気てるとか、まぁ色々ありますね。

 

だから一概に重量当たり(一杯あたり)の単価がどーのこーの言ってもしょうがなくって、各々が最適なものを選べばいいし、最適なのが無ければ「こんなんあったら買いまっせ」くらい伝えておくと新商品として出てくる日が来るかもしれません。

 

最近はコンビニでもどこでも美味しいコーヒーが飲めちゃうので、求めるものがインスタントじゃなかったって結論になるかもしれませんが、それはそれで。

 

高級茶(ペットボトル入り)

これまでの細々した議論なんてすべて吹き飛ばす、「おーいお茶」

 

 

強い(確信)

 

伊藤園 おーいお茶 玉露(瓶)375ml

伊藤園 おーいお茶 玉露(瓶)375ml

 

 

おっ、Amazonでも1,080円…。

 

送料込みって考えたらこっちのがトクじゃんとか言うなよ?、絶対に言うなよ!?