アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

ラクサバで日本語ドメインを登録するには変換が必要?【2017】

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計

 

ラクサバが謳う楽々サーバー管理。でもちょっとしたことで躓いた場合には解決策が見当たらないということも起こりがち、、、

 

今回は日本語ドメインを設定する際に嵌りがちな陥穽をご紹介。

 

 日本語ドメインを取得

ちょっとした事情で、というか目的志向型のアフィリエイトサイトを立ち上げたいと思ってドメインを取得。

 

今回ははじめましての日本語ドメイン。

 

SEOに有利だの不利だのあるわけですが、ブラウザのURL欄に日本語が表示されるというのはやはりこれ、一つのアピールポイントになるのではないかと。

 

というわけで、お名前.comで日本語ドメインを取得しました。

 

ラクサバで日本語ドメイン登録

さて、ラクサバでは他社で取得したドメインにネームサーバーを当てて登録すればWordPressなどをインストールするなどご自由に管理が開始できるわけですが、ここで躓く。

 

どうにも日本語ドメインが登録できない。

 

ログイン

> コントロールパネル

> サーバーパネル

> ドメイン設定

> ドメインの追加設定

 

と辿った先の画面で「追加したいドメインをご入力ください。例) domain.jp, blog.domain.jp」の欄に日本語のまま入力すると、

 

✓ドメイン名は半角・全角スペースを入力することはできません。

 

と表示されてしまい、どうにもうまくいきませんでした@2017.1.9

 

2014年に公開された下記ブログ記事では、日本語のままでOK!と書かれているのですが。

 

www.8910.tv

 

ラクサバ側のサーバー設定が変わったのか、こちらのやり方が悪いのか分かりませんが、どうにもならないようなので(スペースはどこにも見当たらない!!!)、方針転換。

 

日本語JPドメイン名のPunycode変換

日本語ドメインというのはこれ、内部的にはコンピュータで扱いやすいような英字コード化されて表現されているのかどうなのかよく知りませんが、とにかく日本語ドメインであれば単一のPunycodeなるものに変換できるのらしく、これで変換して登録を試みる。

 

punycode.jp

 

できた。

 

変換後のコードをそのまま(「.com」など別枠に表記される部分を除き)コピペしてみると上手く登録できました。

 

登録後にドメイン設定のドメイン一覧で見てみると、ちゃあんと日本語ドメインで表記もされていました(ただし、ルートディレクトリ?が変換後のコードになっている)。

 

まぁ、これでやりたい事はできるわけなのでめでたしめでたし。

 

というわけで、もしラクサバに日本語JPドメインを登録したいけど上手くいかなかったという方は、プニコード(?)変換とやらをお試しください。

広告を非表示にする