アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

【目次革命】はてなブロガーなら「目次」表示は必須!検索結果に影響します

目次のデザイン (レイアウトスタイルシリーズ)

 

はてな、「目次」はじめるってよ?

 

 

めんどくせーかつての機能(2015.9~)

 

staff.hatenablog.com

 

はてな記法というのは便利っちゃ便利だけれど、玄人向けというかそこそこ学習コストのかかる仕様なので困る。というか、困ることすらせずになかったことにしてた。

 

「目次機能」?へぇ、そんなんあったんや…。

 

もし仮にこれを知っていたとしても、実際に使っていたかと言われれば微妙で、面倒過ぎて諦めていたろうと思います。

 

一行書き加えるだけなのに。

 

そのひと手間が、メンドウなのです。

 

さて、時代は下り。

すてきな新機能(2017.1~)

やっとこさ?目次機能がツールバーから使えるようになりました。

 

staff.hatenablog.com

 

見出しがあれば、特に何もしなくても勝手に目次を作成して追加してくれます。

 

これが便利で、見出しのHTMLタグに勝手にidを追加してくれるってんでけっこうけっこう。

 

いや実はidの自動挿入は上記の2015年機能搭載時からあるようですが、使ってなかったのだから知りようもなく。

 

WordPressだとプラグインで自動挿入ができるのですが、「うーん、やっぱ(無料)ブログは小回り利かんやで」とか思ってました。

 

単なる見落としでした。

 

これからはガンガン目次いれていきます。

 

Google検索結果に見出しが表示される例

実はちょっと前にGoogle検索で「タイトル」だけでなく「見出し」へのリンクが表示されている例を見つけていまして、さぁ例を挙げようか…と探してみたけど見つからない。

 

あれ?

 

PCからの検索結果画面がすごくシンプルになっているような…。

 

「見出し」にidが付与されていれば、検索結果ページから直接「見出し」が表示され、リンクできていたのですが、もうなくなったのか探し切れていないだけなのか…。

 

ないっすね。

 

目につくようになったのはmicrodata…と思って検索してみたらあった!

 

f:id:bukki:20170124162849p:plain

(Google検索結果より引用)

 

下記サイトでは見出しにidが付与されている為、検索結果のdescriptionの下に見出しが3つならんでいます。

 

Webデザイナー必見!セマンティックコーディングに欠かせない構造化データ。【Microdata編】 | Go-Nextブログ

 

情報量多し。

 

しかも都合よくmicrodataについても解説がなされています。これを(一般的にはテーマレベルで)設定していると、検索結果にというかGoogle Botにリッチなデータを提供できて、検索結果にも反映してくれるという訳です。

 

アマゾンとか検索結果ページに表示される「評価:★★★☆☆ 3.0」みたいなのも、その類。

 

まぁそこまでやると結構な結構なので、これまで「目次」を付けてなかったはてなブログユーザーは是非とも目次をつけることをオススメします。

 

ポチッとな。

 

 

 

 

目次のデザイン (レイアウトスタイルシリーズ)

目次のデザイン (レイアウトスタイルシリーズ)