読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアの甕

アイデアを放り込んでおくと甕は腐臭を発しない

副鼻腔のはたらき

kotobankによりますと、副鼻腔のはたらきにはいくつかの仮説が提唱されています。

 

  • 粘膜・粘液によりゴミをとらえて外に出す
  • 顔面打撲に対するショック吸収
  • 吸気の加温・加湿作用
  • 音声の共鳴作用

 

以前の記事(『口呼吸と鼻呼吸』)でも少し触れましたが、さらにいくつかの仮説を提案したいと思います。

 

●呼気の脱温・脱湿作用

 呼気は咽喉から鼻腔および副鼻腔へと流入する際、急激に体積を増し、

 減圧されます。減圧されて完全に水蒸気化した呼気中の水分は、

 周囲に張り巡らされた冷たい血管網により冷やされ凝縮します。

 同時に、水分に含まれた熱は血液へと回収されます。

 

●乱流発生作用

 副鼻腔の複雑な構造により、気流は乱れ、ある程度の大きさのゴミや菌は

 特定の部位にキャッチされるようにできているのかもしれません。

 農具の唐箕(とうみ)と同じ要領で。

広告を非表示にする